日記

犬と庭の草花や果樹の木

最初に愛犬の写真と、コメントを入れます。
これは最近のものも有るし、過去のものもいろいろ組み合わせて、飽きの来ないようないろいろなポーズや背景を考えています。
それが主題で、あとは付け足しのようなものです。
花も、なえの植え付けから、芽が出た、葉っぱになった、育ってきた、枝分かれしてきた、蕾がついた、花が開き始めた、満開になった、ピークを過ぎた、枯れてきだした、刈れました、片付け、土作り、他の苗を植える、と次々と話題に事欠きません。
果物だって、たとえば蕾がついた、蕾が膨らんできた、咲き始めた咲いた、小さな実がついた、ここまで大きくなってきた、袋をかぶせるか、 実はどうなっているか、観察、食べます味は、感謝とか次々と狭い庭の中での、年中行事に事欠きません。
それをこまめにだしていくと、読んでくれる人も自然が相手ですから、たぶんほっとするのではないかと思いますが、けっこう喜んでくれます。
マンネリになるようですけども、植物の種類は狭い庭でも、よく観察をするとかなりなものになります。
一度は雑草が生えて、とってもとっても同じところから生えてくるので、それをブログに書きましたがけっこう読んでくれました。
丁寧に表現をしていくと、楽しいものができます。
家の外壁を綺麗にするの低価格でできた岡山の外壁塗装はこちら→http://pompeufabrasalt.com/

カメラを持って散歩コース

カメラを入れるバッグを肩にかけて歩きます。
そして、とことん近くに有ったものを撮ります。小川が有り、野草や雑草、木々の花や、近くの高校の部活の遠景、川の水鳥や鯉などをとことん取りまくって、フォルダに蓄積し、あとで種類別に仕分けをしながら春夏秋冬に分けていきます。
同じ写真は使えませんから、使ったものには旗を立てて、目印にしておきます。それだけで週に2〜3回くらいのブログが、できます。
わたしは年配です、が説教口調のものは一切つくりません。
たとえ川にゴミが浮いていても、いろんな角度から写真を撮って、ゴミの行く末を心配してあげます。
時には私がゴミになって、ゴミ口調で不安を言ったり、鯉につつかれたりしたことを楽しく書くようにしています。
たぶん見た人のほとんどは、これはいけないと誰しも思うことなので、ことさらには意見がましいことは言いません。
あるとき、女郎蜘蛛の写真の特集をブログでしましたが、けっこう好評でした。いやだと言う人もいますが、上から眺めたり、したから撮ったり、横から撮ったり蜘蛛にとっては迷惑でしょうが、それだけでも楽しいブログができます。

自分のブログを見直して

自分のブログを見直していて、フト気づいたことがありまして、それはなんて殺風景なんだろということです。
字ばっかりで、自分で読み直してもおもしろくないです。ネット上に公開するブログなら、もうちょっと華やかにしたくなりました。
これは私にとって、大きな変化です。今まではただたんに、ネット上のメモとしてブログを使っていました。自分だけわかればいいという更新のしかただったので、当然アクセス数はあがりません。それも気にしてなかったのですが、もうちょっとちゃんとしたブログにしたいと思うようになりました。
そこで考えたのは、イラストを載せることです。でも私はイラストが苦手で、イラストをネット上にアップするための道具もないので、どうしようと思っていたら、ブログに使うためのイラストを使っていいサイトがあったので、そこのイラストを使って、これからはもっと楽しいブログにします。
これでアクセス数があがるかな・・・、内容ももっとちゃんとしないと。

 

そういえばこの前お家のトイレを安くリフォームできたので任せれる業者選びをご紹介→http://cevichenyc.com/